Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000の風―あとに残された人へ

1000の風―あとに残された人へ1000の風―あとに残された人へ

三五館 刊
発売日 1995-06
価格:¥1,020(税込)
発送可能時期:通常2~3日以内に発送
オススメ度:★★★★★




多くの言葉はいらない 2007-02-02
5年前に友人を若くしてがんで亡くしたとき、奥さんが闘病中の見舞いなどのお礼をこめて手紙や写真と一緒にこの本を私にくれた。とてもいい本で、職場の本棚に置いてときどき見たりしていたが、例の「千の風」が世間に広まって商業主義に毒された嫌なイメージの方が強くなり、あまり見なくなってしまった。
去年私自身が大病を患い、退院後紅白歌合戦で歌をきいてからへんなこだわりを捨てて再び見るようになった。ひょっとしたら私自身が1000の風になっていたかもしれないという思いで読むと、残していく家族や友人へのメッセージとしてこれほど的確な表現はないんではないかと思ってしまう。多くの言葉はいらない、その余韻の中に思い出とともに笑顔が浮かんでくればいいと。

1000の風・・・ 2006-10-07
 この本は作者不明だそうです。そして、本自体は薄く、メッセージと写真で、大切な人を失くした残された人宛のメッセージです。
 この本を見て、風を感じ、雨や光、鳥を見るたび、祖父母を思い出します。今はどこの風に、光になっているのかなと。
写真も美しいし、そのメッセージはあたたかくなります。
 読むだけなら、10分あれば終わってしまうでしょう。でも、その後心にはずーっと残ります。何回も読み返してしまう私がいます。
 

私もこちらをおすすめです 2005-11-12
~10年前にこの1000の風と出会いました。
大好きだったアイルトンセナのことを思い泣いていた頃
パルコブックセンターで見つけたのが最初でした。
あれから10年、祖父も祖母も旅立ち
この本を何度も何度も読みました。
大切な人を亡くすと、この本を手にとります。
そして、この本を悲しむ人におくります。
今、こうして騒がれることがいやだなと
正直~~思ってしまいますが
それだけ、たくさんの人の心に届くようになったと
そう思えばいいのかもしれませんね。~


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/2/19に作成しました。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

プロフィール

kopel

Author:kopel
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

書籍の紹介について

アマゾンアソシエイトプログラムを利用して商品の紹介をしています。 商品の詳細、購入方法などはアマゾンジャパンの規約に基づきますので、ご確認ください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。