Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーカブト特写写真集

仮面ライダーカブト特写写真集仮面ライダーカブト特写写真集

朝日ソノラマ 刊
発売日 2007-01-20
価格:¥2,400(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




改善の余地多し 2007-01-27
特撮ドラマの撮影用スーツ(着ぐるみ)を鮮明な写真で捉えた「特写シリーズ」最新作。撮影用素材を一個のアートとして紹介しようという着想は良いと思うけれど、褒められるのはそこまで。本そのものの内容には山ほど不満がある。
たとえばスーツの種類に関する記述。ライダーの撮影用スーツには「アップ用」と「アクション用」の二種があることが書かれているけれど、それを単に「当たり前のこと」というテンションで流してしまっているのが頂けない。二種類のスーツの質的な違いや使い道の違いを、全く掘り下げていないのはどういうつもりなのか。比較写真でも載せてくれなければ、そもそもスーツを二種類作る理由すら解からない。書かれているウンチクが表面的なものだけで、血が通っていないのだ。突っ込みが浅い一方で「FRP」とか「ベルクロ」といった用語の解説も足りず、結局、初心者には解かりにくくマニアには物足りない本になってしまっている。
映像用の造形物を特写した本としては、98年に出版された『アート オブ ゴジラ』の方があらゆる点で優れている。
このシリーズには、まだまだ改善するべき点が多いと思う。スタッフの一層の奮起を期待したい。

仮面ライダーカブトの魅力。 2007-01-24
特撮の写真集としては第一弾の「響鬼:魂」第二弾の「牙狼:冴」に続き第三弾目の写真集。

この本には仮面ライダーカブトの”美”が詰め込まれている。
カブトは今までの仮面ライダーシリーズの中で最も美しい。

その美しさに惚れ込んでこれを買いました!
各ライダーの洗練されたフォーム、造形の美しさ、デザインの素晴しさ、鮮やかに輝く豊かな色彩!

普段見ることの出来ないディテール(細部)をじっくり見ることができるのはこの本だけなので、即買うことを決めました。
この本を見て知ったことも多々あります。
また、巻末にはインタビューも掲載されているのでじっくりと読み込むことも出来ます。
制作側の意気込みや細かな拘り、様々な技巧などを伺い知ることが出来、私としては大変満足のいく内容でした。
何度も見返しては感嘆の溜息がでます。
カブトファンの方は是非!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/2/19に作成しました。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

プロフィール

kopel

Author:kopel
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

書籍の紹介について

アマゾンアソシエイトプログラムを利用して商品の紹介をしています。 商品の詳細、購入方法などはアマゾンジャパンの規約に基づきますので、ご確認ください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。